個人情報保護方針
会社案内 企業理念
企業理念
私たちは資源収集・再創造の会社です

 もし、鉄が必要なら、どうしたらいいでしょうか? 人間である私たちは山で鉄鉱石を掘りだします。 男たちが山から金を掘りだすゴールドラッシュのシーンを、アメリカ映画の中で見たことがあるかと思います が、資源の採掘はあのようなイメージです。
現代社会では、山に行かなくても金を含め、貴重な資源がそこらじゅうにあふれています。
パソコンやOA機器の中、パチンコ・パチスロの中……。数えたらきりがありません。 でも、そうした貴重な資源がこれまではゴミとして簡単に捨てられていました。 「捨てればゴミ、分別すれば資源」とはよくいわれますが、私たちは捨てられていたものをゴミとして考えた ことがありません。 私たちは、少しでも原料となる資源を収集することから始まった会社だからです。もともと「処理」を目的と はしていませんでした。 私たちは環境保全を時代の流れで巡ってきたブームの中で考えるのではなく、その本質を追究したいと考えま す。そして、あくまでもビジネスとして資源を作っているという意識で日々の事業活動を行っています。

ですから、実は「リサイクル」という言葉にもちょっとした疑問を持つことがあります。 例えば、再生紙はバージンパルプをリサイクルしたものですが、その過程で多大なエネルギーコストがかかっ ています。果たして、エネルギー問題から見たら、それは妥当な選択なのかどうか……。

私たちは常に問題意識を持つことを忘れません。




私たちは手による解体・分別にこだわります

 私たちは収集してきた使用済みのOA機器やネットワーク機器、遊技機等々を 手で解体し、手で分別しています。 一つ一つねじを外し、パーツごとに分け、さらにそのパーツもできる限り分解し ていく。


イメージ画像
手間のかかる作業ですが、手解体ほど高精度な素材分別が可能な方法は他にあり ません。人間の手にかなうものはないのです。

そして、危険物や有害物をもっとも効率的に取り除ける方法なのです。
ただ、私たちのできることにも限界があります。だから、私たちが分解・分別し たものをさらに有効利用できる会社が他にあれば、その利用方法を積極的に提案 します。重要なのは、それを「処理」する会社を探すのではなく、あくまで「有 効利用」する会社を見つけること。
それが私たちの責任です。これまでは、コストのかからない「処理」が当たり前 の時代でした。私たちはそれを大きく変えようとしています。


資源再生100%。――これは私たちの合い言葉。
手で分解・分別しているからこそ可能なのです。
このページのTOPへ
会社概要
沿革
コンプライアンス
許可登録および資格
採用情報
採用情報
Copyright (C) HINO KINZOKU SANGYOU Co.,Ltd. All Rights Reserved.